ホーム > 公益財団法人 星総合病院様 ユニフォーム導入事例

公益財団法人 星総合病院様 ユニフォーム導入事例

2015年9月14日掲載
公益財団法人 星総合病院様ユニフォーム
ユニフォームを導入頂いた、公益財団法人 星総合病院様

 

Q. 貴院についてお聞かせください。
公益財団法人星総合病院は「醫霊(いれい)」を理念に掲げ、各施設の連携により、 地域に根ざした保健・医療・福祉サービスの提供を行っています。 当院は現在の場所に2013年(平成25年)1月、新築 移転をしました。 診療科目32科、病床数が430床あり、周辺地域では 規模の大きい総合病院の1つです。郡山市の特徴 として他の地域に比べて大手の民間病院が多く、 ドクター間の交流や事務長会議などでコミュニケー ションを取る事で切磋琢磨しながら地域医療の 底上げをしています。 また、医師会が中心となり、2次救急(入院や手術が 必要な患者)の受け入れ体制や3次救急(生命に危機が 及ぶような重症患者)の搬送の連携も図っています。 その例として、福島医大が所有するドクターヘリの 年間出動件数400件のうち1/3にあたる約120件は 当院の屋上にあるヘリポートが利用され、そのまま 当院で処置をおこなったり、他の病院へ搬送する 経由地として使われています。
総務課 ご担当者様:そのドクターヘリの受け入れは私が所属 している総務課で対応しており、受け入れ時の 天候や風向きなどの情報を密にやり取りしています。
会社名 公益財団法人 星総合病院
所在地 福島県郡山市
設立 1925年(大正14年)
従業員 1293人(平成27年8月現在)
ネットワーク ・星総合病院(430床32科) ・星ヶ丘病院(570床6科)
・三春町立三春病院(86床12科) ・介護老人保健施設オリオン(100床)
・ほし横塚クリニック ・星訪問看護ステーション
・星訪問看護ステーション しずか ・星ヶ丘訪問看護ステーション
・三春訪問看護ステーション ・ポラリス保健看護学院
・養護老人ホーム三春町敬老園 ・星総合病院在宅介護支援センター
・居宅介護支援事業所星ヶ丘 ・芳賀・小原田地域包括支援センター
・三春町第1保育所
事業内容 総合病院
ホームページ http://www.hoshipital.jp
ユニフォーム着用事例業種

 

Q. モデルチェンジをしたきっかけを教えてください。
当院は2013年(平成25年)1月に現在の場所に新築移転をしましたが、 それに伴い全職種のユニフォームをリニューアルしました。 その中で事務服の対象人数は約120名でした。

 

Q. 商品の選定はどの様な流れで行われましたか?
新しい事務服の選定は、病院移転の約1年 2か月前の平成21年11月にスタートし、当グループの 関連施設の職員も集め、要望を多く取り入れるように しました。 そして実際の商品検討は、妥協をしたくなかったので 多くの商品を取り寄せ、皆で試着し、職員の着用姿を 写真に撮って比較検討をしました。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 商品選定のポイントはどこでしたか?
それまで着用していた事務服はタイトスカート だった事もあり、動きにくかったので、着心地や動き やすさにはこだわりました。 実際、今回採用となった商品はベスト・スカート・ ブラウスとも異なる事務服メーカーさんの商品を 私達なりに組み合わせ、皆が納得した「いいとこどり」 のコーディネートです。

 

Q. 商品の最終決定はどうしましたか?
私達が選んだ3案を理事長先生に見てもらい、 最終ジャッジをして頂きました。

 

Q. 新しい制服の特徴はどこですか?
当院の廊下には施設案内をする線や看板が なく、その代わりにブロック受付を配置し、患者さんを ご案内しています。 患者さんが気軽に声をかけやすい雰囲気を作る ため、「患者さんからやさしく見える制服」という コンセプトで、やわらかい色合いの商品を選びました。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. ユニフォームネットとの取引経緯は?
営業担当さんは随分昔から当院へ 通ってくれています。 前回10年前のモデルチェンジは、残念ながら他社で 決定してしまいましたが、その後も、営業担当さんは めげずに通い続けてくれ、常に給食用白衣や、訪問 看護のユニフォームなどを提案してくれました。 そして、事務服での取引が始まった現在も気軽に 相談でき、現場の担当者が困らないように動いて くれるのでとても助かっています。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 実際に着用してみていかがですか?
現在の制服は明るく、患者さんからも好評です。 もう2年以上着用していますが、皆とても満足しています。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. これからの貴院の展望を教えてください。
急性期医療や認知症関連などに取り組んでおりますが、さらに、子供達や地域との 関わりに力を入れており、キッズツアーや、高校生の1日体験を開催しています。 これからも、地域とともに医療から予防、福祉、教育まで、さらに力を入れていきたいと 考えています。 ユニフォーム着用事例業種

 

取材協力頂き、誠にありがとうございました。