ホーム > 株式会社ホンダ茨城南様 ユニフォーム導入事例

株式会社ホンダ茨城南様 ユニフォーム導入事例

2015年11月11日掲載
株式会社ホンダ茨城南様ユニフォーム
ユニフォームを導入頂いた株式会社ホンダ茨城南様
お客様ホームページ
http://www.hondacars-ibarakiminami.co.jp

 

Q. 御社の事業について教えてください。
部長:弊社は茨城県の南部エリアに14店舗の 販売ショールームを構え、「お客様に豊かなカーライフ を送っていただけるために何ができるか」を常に考え、 「地域に、仲間に、家族に誇れる会社を実現しよう」の 企業理念の下、お客様としっかりと絆を築き、お客様の カーライフを総合的にご提案させて頂いています。

会社名 株式会社ホンダ茨城南
所在地 茨城県つくば市
設立 昭和53年8月(1978年)
資本金 4995万円
売上高 130億円(平成25年度)
従業員数 208名
事業内容 新車・中古車販売、自動車整備、 部品用品販売、損害保険代理店、その他
ホームページ http://www.hondacars-ibarakiminami.co.jp
ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 接客の際に気を付けていることはありますか?
部長:弊社ではお出迎え、お見送りに特に気を 使っています。 お客様が来店した際、最初に接するのがC.A(カスタマー アシスタント)と呼ばれる女性スタッフです。 快適で居心地の良い空間を作り、お客様の要望を正確に 聞き、しかるべき担当に繋ぐ役目を持つC.Aは会社の 顔を言っていいと思います。 その為、お客様に満足いただける接客と共に、C.Aが 着る制服にも親近感と清潔感が求められています。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. モデルチェンジをしたきっかけを教えてください。
部長:以前の制服(秋冬)は8年ほど着用していたので消耗もあり、モデルチェンジを 検討しました。

 

Q. 今回は初めてレンタル(商品レンタル)を採用したそうですが。
部長:女性用制服は長年、他社にて一括買取にて調達をしていました。 その為、店舗ごとに消耗交換するタイミングが異なったり入退社による制服のサイズが合わず、 有効活用できなかったりと管理面やコスト面でいくつかの問題を抱えていました。 当初、自分たちの所有にならないレンタルサービスという仕組みに抵抗がありましたが、 毎年の追加や消耗交換、メンテナンスや管理による見えないコストを考慮すると毎月一定の 経費で済み、大きな負担が無いレンタルはメリットがあるという事で導入する事になりました。

 

Q. レンタルを導入して良かった点はどこですか?
部長:追加購入や消耗交換、メンテナンス費がかから ないのもメリットですが、全拠点の女性スタッフの制服の 統一化が図れたことです。 買取ではどうしても店舗や個人ごとに着方が異なり、 スカーフを着けたり着けなかったりもしていました。 しかし、レンタルでは支給アイテムが同じで統一化が出来、 綺麗で清潔な制服を求められるC.Aにはぴったりでした。 また、契約期間が4年の為、定期的にモデルチェンジが 可能で、新しい制服を支給できるので女性スタッフの モチベーション向上や福利厚生にも効果が期待できます。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 採用したユニフォームのどんな点にこだわりましたか?
制服担当女性:以前の制服はすぐに色あせたり、ジャケット の素材も硬くて動きにくかったのでジャケットの着易さや 収納にこだわり、接客する際に必要なメモや名刺入れを 携帯するポケットや、ペンを刺すジャケットの内ポケット があるもの、取り付けが簡単なスカーフを選びました。 女性スタッフの要望をいかに多く取り入れられる商品を 選ぶのに苦労しましたが、お客様からどう見られるかを 意識したある意味王道のデザインを選びました。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 業者選定をするに当たり、躊躇することはありませんでしたか?
部長:これまで長年お付き合いのある業者さんが いましたが、より専門的な知識が必要となり、アウトソー シングすることが出来るユニフォームネットさんと お取引できたことは、固定観念に囚われず、新たな気付き を見つけられたという点で良かったと思います。 また、営業担当さんが足繁く通ってくれ、課題解決 (レンタル)の提案をタイミングよくしてくれました。 制服に関して一括で任せてほしいという熱意のある提案が 決めてかもしれません。

制服担当女性:迅速な対応、こちらの悩みの改善に努力してくれたので、非常に感謝しています。 ですので、次の契約更新の際も同じ営業担当さんに担当してほしいと思っています。
ユニフォーム着用事例業種

 

Q. これからの御社の展開をお聞かせください。
部長:弊社はお客様に満足頂けるよう、店舗のリニューアルや新規エリアに出店にも 力を入れ、時代に合わせた設備への投資をしています。 ただ、高齢化が進み、お客様のニーズが変わっていくため、対応が出来るように社員教育などの ソフト面にも力を入れています。 その一環として全社員でロールプレイングや勉強会を行い、サービスレベルの向上を図っています。 その結果、ホンダ本体が開催する全国大会に出場する社員も出てきました。 弊社は、「地域に、仲間に、家族に誇れる会社を実現しよう。」という企業理念の下、常に新しい チャレンジをし、茨城県内で存在感のある会社でいたいと考えています。 ユニフォームネットさんには制服の面で弊社をサポートしてほしいと思っています。 ユニフォーム着用事例業種

 

取材協力頂き、誠にありがとうございました。