ホーム > ベレッシュ 農産物直売所(株式会社東日本地所)様 ユニフォーム導入事例

ベレッシュ 農産物直売所(株式会社東日本地所)様 ユニフォーム導入事例

2016年6月23日掲載
ベレッシュ 農産物直売所(株式会社東日本地所) 様ユニフォーム
ベレッシュ 農産物直売所(株式会社東日本地所)様に ユニフォーム採用の経緯を伺いました。
Q. 御社の事業、社名の由来について教えてください。
株式会社東日本地所は父が創業した不動産 の仲介をメインとした会社です。 私は大学卒業後、都内で一度学校給食の企業に勤めて いましたが、いずれ地元福島に帰り、地元が元気になる 仕事がしたいと思っていた為、改めて学ぶために大学院 へ行きました。 その後、郡山に戻ってきましたが、リーマンショックの 影響で不動産業も良くない為、新しいビジネスを展開 すべく始めたのが、農産物直売所(アグリ事業) でした。 当時の郡山には全農さんがやっている農産物直売所が1 つ あるだけで、わざわざ隣の市の農産物直売所に買いに行って いる人たちがいるような状態だったので、まだまだ需要が ありビジネスになるのではないかと考え、地元のJA と 提携して農産物直売所の運営を2009 年7 月に始めました。 店舗名の「ベレッシュ」は”ベジタブル”+ フレッシュ” を掛け合わせた造語です。

会社名 株式会社東日本地所
所在地 福島県郡山市
設立 1981年(昭和56年)4月
従業員 10名
資本金 1,200万円
事業内容 ・不動産 ・アグリ事業( ベレッシュ)
ホームページ http://www.zennichi.net/m/higashi-nihon/index.asp

会社名 ベレッシュ 農産物直売所
所在地 福島県郡山市
オープン 2009年(平成21年)7月
店舗スタッフ 20名
ユニフォーム着用事例業種

 

Q. なぜ、アグリ事業を始めたのですか?
福島県の基幹産業の一つが農業で、父( 社長) の実家も農家で身近だった事と、 農家さんの厳しい現状を改善し、所得を向上させたいという思いがありました。 また、農産物直売所というビジネスモデルは在庫を抱えない委託販売ということで、小さな リスクで始められるという事も選んだ理由です。

 

Q. 御社の事業の特徴はどんなところですか?
事業を始めた当初、農家さんの数はJA に紹介された約300 件でしたが、現在は 500 件を超えています。多くは地元郡山が中心ですが、福島県全域、他県の農家さんも登録し、 直接販売を行っております。 今の時代、安全・安心・新鮮は当たり前の事で、やはり豊富な品揃えがなければお客様は ライバルのスーパーに行ってしまいますし、価格で勝負しても大手にはなかなか敵いません。 しかし農産物直売所は、生産者がそれぞれこだわって生産した商品を取り扱うため、同じトマト を10 人の農家さんが作れば味の異なる10 種類の品揃えとなり、お客様の好みによって選ぶこと が出来ます。 そして、旬の野菜や掘り出しものを発見するという楽しみがあるのも、農産物直売所ならでは だと思います。

 

Q. お店の入口に放射能分析センターがありますが。
放射能分析センターは2012 年秋に放射能 の検査機を導入した際に、専用ルームとして作りました。 その部屋では専属スタッフが、入荷前のシーズン始めの 段階で、農産物の検査を行っております。 ミキサーですり潰し、検査機に20~30 分ほどかけて 測定します。当社では検査基準を国のものより厳しく 設定し、すべての検査結果を保管することで、お客様に 安全な商品を安心して購入いただけるようにしています。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. ユニフォームを導入したきっかけを教えてください。
震災後3 年間は、新しいことをやらずに しっかり営業する事だけを考えようと、ユニフォームを 導入せず、インターネットでエプロンのみを購入し、 私服の上に付けていました。 その後、状況も落ち着いてきたのとスタッフの入退社 による服装の乱れも目に付くようになったので” 統一感” がほしいと思ってユニフォームの導入を検討しました。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 商品を検討するに当たり、どういう点で苦労しましたか?
当社にとって初めての本格的なユニフォーム の導入だったので、知識や経験がなく、ネーム加工に ある一定の時間がかかる事も知らなかったため、「決まっ たらすぐに出来るだろう」と思っており感覚のズレが 生じることもありました。 それでも1 回きりの取引ではないので、なあなあに ならない様に私の立場上言わなければならない事は すべて言った結果、ちゃんと対応して頂けたので現在 はスムーズな取引が出来ています。

 

Q. ユニフォームを導入してして良かった点はどこですか?
ユニフォームを導入する事で、お客様から見られているという意識が生まれ スタッフの動きも変わったように感じます。そして団結力も出たので、ユニフォームを導入して 良かったと思います。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. これからの展望をお聞かせください。
当社にとって農家さんとのネットワークはとても大事なので、信頼関係を構築する 為にも、商品が売れ残らない様な集客力・販売力を付けたいと思っています。 そして農家さんが潤う事で、当社もより質のいい農産物をお客様に提供出来るような環境作りを 心がけていきます。

 

Q. 最後にユニフォームの求めるものを円グラフにしてください。

 

取材協力頂き、誠にありがとうございました。