ホーム > 48.株式会社サトー運輸様 ユニフォーム導入事例

48.株式会社サトー運輸様 ユニフォーム導入事例

2016年8月16日掲載
株式会社サトー運輸様ユニフォーム
ユニフォームを導入頂いた株式会社サトー運輸様
お客様ホームページ
http://www.sato-trans.com/
Q. 御社について教えてください。
専務取締役: 弊社、株式会社サトー運輸は1977 年 (昭和52年) に設立し、地元茨城県を中心に関東一円の 地場産業をメインに皆様の足となるべく一般貨物自動車 運送業を展開しております。 もともと弊社は、建築資材(セメント) の運搬をメイン の仕事としていましたが、ダム建設や道路工事のような 公共事業用の資材の為、年度末(2月3月) の繁忙期と 閑散期との差が激しく、トラックを使い安定した仕事 を模索している中、近隣にビール工場があったことも あり、食品関連の運搬を始めました。 現在では、常温、冷蔵、冷凍などいろいろな温度帯の物 を運ぶことが出来、取り扱いの6割を食品関連の運搬で 占めるまでになりました。

会社名 株式会社サトー運輸
所在地 茨城県つくばみらい市
設立 1977年(昭和52年)10月
従業員 75名
資本金 1,000万円
事業内容 一般貨物自動車運送業
営業所 ・筑波営業所 ・宇都宮営業所 ・つくば配車センター( 倉庫併設)
保有車両 ・13トン(冷凍PG) 7台 ・4トン(冷凍PG) 12台 ・3トン(保冷PG) 9台
・20トン 10台 ・13トン 16台 ・11トン 3台
・8トン 1台 ・4トン 7台
ホームページ http://www.sato-trans.com/
ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 御社の強みを教えてください。
専務取締役: 弊社はトラックを65台所有しており、 3トン車から20トン車まで様々なタイプの車輌、 平ボディー・ウイング・バン・トレラーと車種も 備えているため、荷物の大小問わず、運ぶことが出来ます。 また、エアサス車で精密機器・電気機器を、冷凍車、パワーゲート車で常温・冷凍問わず 食品全般を取り扱う事が出来、様々なお客様のニーズに応えています。それに加え、1,200坪を 超える物流倉庫を保有し、デポ(保管所) としての機能も持ち合わせています。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. モデルチェンジのきっかけを教えてください。
専務取締役: 今年より、”リフレッシュ計画”という改革を 実行しています。例えば、会社の外看板にしか入れて いなかった5年ほど前に作ったロゴマークをトラックや 名刺に入れるなどしてイメージを統一させるのと同時に、 これまでの運送業の劣悪な環境というイメージを払拭 する為、清潔でクリーンなユニフォームを導入し、 イメージアップを図りたいと思ったのがモデルチェンジ のきっかけです。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. ユニフォームネットとの取引経緯は?
営業課長: 2年ほど前から飛込みでアプローチがあり、 いよいよモデルチェンジをする時にタイミング良く提案を してくれたのが、営業担当さんでした。 特に、営業担当さんが提案してくれたワッペンが気に入り、 ユニフォームネットさんにお願いする事になりました。

専務取締役: それまで、昔からお付き合いのある業者さん から購入していましたが、”リフレッシュ計画”の一環と いう事もあり、「これまでの定番品とは違ったものを見て みたい」、「新しい事をやってみたい」という要望に対して 様々なタイプの提案をユニフォームネットさんは用意して くれました。 イメージが固まり切らず迷っている私達に適切なアドバイ スをして頂き、背中を押されたことで、新しいユニフォーム を決定する事が出来ました。実は他社さんにも相談を していましたが、提案力の違いを感じました。
ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 商品をどのように検討されましたか?
営業課長: 元々建設資材を運んでいた事もあり、作業服は 汚れの目立たない紺色を着用し、夏場は決められたシャツを 着用せず、Tシャツで作業をしているような状況でした。そこで、清潔でクリーンなイメージを 荷主さんにアピール出来るデザインを数点選び、最終的に専務に選んでもらいました。

 

Q. 新しいユニフォームについて現場での反応はいかがですか?
営業課長: 当初、現場では着なれない明るいブルーに抵抗があったようですが、今は慣れたよう です。お客様からはいいねと言って頂いています。

専務取締役: トラック業界の青年部の集まりの際に、「サトーさんそんな制服だったけ?」「どこで 買ったの?」と言われました。ライバル企業から注目されるのはうれしいですし業界自体が変わり、 活性化しないといけないと思っているので、「ユニフォームネットさんで買った」とみんなに 言っています。

 

Q. これからの御社の展望をお聞かせください。
専務取締役: 弊社はもうすぐ創立40 年を迎えます。世代交代も見据えて、社員教育や業務管理、 安全管理など働く環境を整備していきたいと思っています。 また、若い人が働きたいと思ってくれるような会社にするために、SNS やホームページで発信し、 取り組みの見える化を進めていきます。 そしてお客様には、ただ運ぶのではなく、ロジステック機能やデポ機能を活かし、「当社を起点に 運ぶ」「集約して運ぶ」などお客様のニーズに合わせた” 運び方” の提案をしていきたいと思って います。

 

Q. 最後にユニフォームの求めるものを円グラフにしてください。

 

取材協力頂き、誠にありがとうございました。