ホーム > 52.心和会株式会社 スマイルクローバー介護ステーション様 ユニフォーム導入事例

52.心和会株式会社 スマイルクローバー介護ステーション様 ユニフォーム導入事例

2016年9月7日掲載
心和会株式会社 スマイルクローバー介護ステーション様ユニフォーム
心和会株式会社 スマイルクローバー介護ステーション様に ユニフォーム採用の経緯を伺いました。
Q. 御社の事業について教えてください。
心和会株式会社は2014年(平成26)11月に 訪問介護事業と福祉用具のレンタル・販売の会社として 設立しました。 事業所名の「スマイルクローバー介護ステーション」 は、福祉事業にとって笑顔がとても大切で、幸せを運ぶ というコンセプトのもと、一緒に働いている私の妻と妹 を中心にスタッフ達で決めました。

会社名 心和会株式会社 スマイルクローバー介護ステーション
所在地 福島県いわき市
設立 2014年(平成26年)11月
従業員 14名
事業内容 訪問介護事業、福祉用具貸与・販売事業、住宅改修
ホームページ http://shinwakai123.jimdo.com/
ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 以前は別のお仕事をしていたとお聞きしましたが。
私の父は建設会社を経営していて、そこで 11年程働いていました。

 

Q. なぜ、独立をしようと思ったのですか?
父の会社で働いている時に、現場を任せら れる事になり、従業員を連れて仕事をするだけではなく、 請求書の作成から給与計算まですべてを全くわからない ままやらなくてはならなくなりました。 その際、請求書の書き方が、わからず不備があり、 何度も作り直すうちに足元を見られてしまい、実質的に 利益の残らない赤字の仕事になってしまいました。 当然、社長である父に怒られる事を覚悟していましたが、 「勉強になったろう。これが会社なんだ。みんな失敗 してきたし、今は勉強する時期だから。」と言われとても 驚きました。 その時、人を雇うという事は大変で、お金を払えば人が ついてくるという事ではないと知り、従業員の モチベーションや職場環境を整える事も必要だと感じ ました。そして同時に、自分の力を試してみたいと思い、 独立する事を決めました。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. なぜ、介護業界だったのですか?
建設業は男中心の社会だったので、女性が活躍でき、地域から認知され信頼されて いる、介護という業界に興味を持ちました。また、妻が介護施設で働いていたこともあり、 介護事業を始める事になりました。

 

Q. 大変だった点はどこですか?
人材の確保の点です。私自身、介護の知識を全く持っておらず、未知の領域だったので、 ハローワークで募集をかけてもなかなか採用に結びつきませんでした。 そんな中、知り合いの企業の方からアドバイスを貰い、経営理念や経営指針といった、 会社の考えを、面接に来た方に一から丁寧に説明し、生活を預かる側として、「私を面接して ください。 信用して一緒に働いて頂けるなら連絡をください。」と伝える事でスタッフにも恵まれるように なりました。

 

Q. ユニフォームネットとの取引経由は?
事業所は平成26 年12 月から開所はして いましたが、2 月末まで営業活動が中心で、初サービス の提供が決まった際にユニフォームネットさんとの取引 が始まりました。

 

Q. ユニフォームのどんな点にこだわりましたか?
私は、戦国時代が好きで、甲冑や旗などの 色を統一する事で士気を高め、思いを共有出来ると 考えているので、ユニフォームはとても重要です。 同業他社との差別化するためにも明るく目立ち、仕事中 に存在感が出せる商品を選び、常に見られているという 意識を持たせました。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 弊社の営業担当の対応はいかがでしたか?
初めの頃は、他のユニフォーム業者も来て いましたが、カタログを持ってきて「どうですか」と 言うだけで、耐久性の質問をしても明確な答えを もらえず、売るだけの感じでした。 一方、ユニフォームネットの営業担当さんは、コスト面、 機能面、耐久性の面など考慮し、アドバイスをくれるので 相談し易く、さらに役職者用にと色違いの提案などもしてくれました。実際ピンクのポロシャツ も採用しました。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 最後に一言お願いします。
当社では毎月1 回全員が集まる定例会を開いており、経営指針にもあるようにお互い を尊重し、高め合える場として重要視しています。 この会では、若い人の意見を積極的に聞き、これまでの固定概念で決めるのではなく、チャレンジ する事で化学反応を起こし、サービスの向上に繋げていきたいと思っています。

 

Q. 最後にユニフォームの求めるものを円グラフにしてください。

 

取材協力頂き、誠にありがとうございました。