ホーム > 55.株式会社鳥藤本店様 ユニフォーム導入事例

55.株式会社鳥藤本店様 ユニフォーム導入事例

2016年12月21日掲載
株式会社鳥藤本店様ユニフォーム
株式会社鳥藤本店様に ユニフォーム採用の経緯を伺いました。
Q. 御社について教えてください。
弊社株式会社鳥藤本店は1945 年、福島県双葉郡 富岡町で始めた鶏肉屋が原点です。 それから3 年後、さばいた鶏のガラでラーメンを作った ところ、たくさんのお客様に喜ばれたのがきっかけとなり、 1949 年( 昭和24 年)5 月に食堂を開業することになりました。 当時では珍しかった握り寿司や淹れたてのコーヒーなど、 次々と新しいメニューを提案し、「どうしたらお客様に 喜んでいただけるか」という一点に「挑戦と工夫」を 続けてきました。 その後、1970 年から新たに給食事業を始め、受託事業を 含め最大35 か所で営業をさせて頂いていましたが、 東日本大震災における福島第一原子力発電所事故により、 本社のあった双葉郡富岡町は避難指示区域となり、お客様 も私たちも家を追われることになりました。 しかし、多くの方々のお力添えにより、いわき市四倉町に いわき営業所を開設し、現在は、双葉地域の復旧・復興事業 や廃炉事業に携わる方々への食事の提供を主な業務として おります。

会社名 株式会社鳥藤本店
所在地 福島県双葉郡
設立 1973 年( 昭和48 年)5 月
従業員 105 名
事業内容 〇給食受託事業 〇寮管理運営業務
ホームページ http://www.torifuji.co.jp/
ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 御社の社名の由来について教えてください。
弊社の社名は鶏肉を扱っていた事と名字の藤田を掛け合わせ、鳥藤本店となりました。 現在いわき営業所に飾ってある看板は、避難区域にある本社にあったもので、一時帰宅が可能に なった際に社員が持ってきてくれたものです。

 

Q. 具体的なお仕事内容を教えてください。
現在は主に、震災以前から受託している東京電力さんの施設や関連企業など 約10 か所の給食事業を継続しており、廃炉に向けて作業されている方々に食事を提供しています。 一時、東京電力さんから依頼があり、福島県内各地で炊き出しも行っていました。 今年3 月、作業員の労働環境改善のための取り組みとして東京電力さんからの要請があったため、 コンビニ( ローソン) を福島第一原発の敷地内にある大型休憩施設内にOPEN しました。 ただ、避難指示区域にあるため通常の物流ルートでは配達が出来ず、しばらくの間、配達可能な 近隣の店舗から私たちが荷物を受け取り、店舗に運んでいました。 品ぞろえも通常のコンビニと同じなので作業員の方が必要とするものは並んでいますが、酒類や 施設内でごみ処理出来ないプラスチック製品( ペットボトル飲料など) は取り扱っていません。

 

Q. 福島第一原子力発電所事故後、ご苦労され点はどのような事ですか?
事故後、私も含めそれまで働いていた従業員は、全国各地に避難せざるを得ません でした。 それでも弊社の専務の知人が事業を再開するための拠点となる物件を探してくれたおかげで 2 か月後の5 月16 日に現在の場所( いわき市四倉町)で再開することになりました。 全従業員に電話をしましたが120 人以上いた従業員の内、戻ってこれたのは15 人で、住宅の 確保もままならない状況だったので、このいわき営業所の2 階にある4 部屋で寝泊まりをして もらいました。 また、現在も風評被害は根強く残っているため、働き手を確保するのは厳しい状況です。 根気よく各地の説明会を回り、働く施設内の写真を撮ってスライドで見せたり、線量計で測った 数値を見せることで、働く環境の安全性を正確に伝えるように取り組んでいます。

 

Q. ユニフォームネットとの取引経緯は?
双葉郡で事業をしているころからもうかれこれ 20 年近くお取引をさせて頂いていて、主に調理用の白衣と ブルゾンを購入していています。 いわき市に移ってからもだいぶお世話になりました。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. 弊社の営業担当者の対応はいかがでしたか?
先日異動になった若い営業の方もとても よくやってくれていたので、現営業担当の人も問題ないと 思います。 ユニフォーム着用事例業種

 

Q. これからの御社の展望をお聞かせください。
原発事故後、私自身も被災者であるため、 東京電力さんの仕事をする事に対して複雑な思いを持って いましたが、今は前を向いてやっていくしかないですし、 少しでも双葉地域の復旧と復興に貢献できればと思って います。 そして、この秋に震災前にショッピングセンターだった所 がリニューアルオープンすることになり、その中のフード コートを新しい事業として運営することになりました。 その店舗では創業当時と同じように鶏にこだわった美味しい親子丼とラーメンを出したいと 考えており、現在試作を繰り返しています。 また、いわき営業所をセントラルキッチン化し、新たな展開を考えています。

 

Q. 最後にユニフォームの求めるものを円グラフにしてください。

 

取材協力頂き、誠にありがとうございました。