MENU

VOICE.117 株式会社たまき産業 様

お客様へのインタビュー、導入成功事例のご紹介。

昔ながらの純喫茶の雰囲気を大事にした喫茶チェーンを経営する、株式会社玉木産業様。デザインと機能性を兼ね備えたユニフォームについてお伺いしました。

 

株式会社たまき産業(露布乃瑠 紗羅英慕) 様について

Q.御社について教えてください。

外観

玉木社長:当社は「露布乃瑠 紗羅英慕(ロブノオル サラエボ)」という北関東を中心に展開する喫茶店チェーンを福島県内で三店舗経営しています。なぜ喫茶店を始めたかというと、始まりは私の母が私が生まれる前に始めた小さなクリーニング店でした。
当初は受け渡しのみの窓口業務だけだったのですが、そのうちに製造業の内職の仕事を受ける事になり、始めは家の一部を作業場に改造し家族だけでやっていました。
その後だんだんと受注も増え近所の人を雇うまでになったので、1981年(昭和56年)にクリーニングの方はたたみ、有限会社たまき産業として設立する事になりました。
一時は100名近く従業員を抱え、新たに工場も建てたのですが、時代と共に仕事が減ってきたのもあり、喫茶店事業に乗り出す事にしたのです。

Q.玉木社長が社長になられた経緯を教えてください。

店内

玉木社長:私は大阪にある料理の専門学校を卒業した後、福島県内のリゾートホテルにコックとして就職したのですが、25歳の時に結婚して翌年子どもができたのを機に、コックでは家族を養うのが難しいので家業のたまき産業に入る事になりました。
その当時のたまき産業は、携帯電話(ガラケー)の組み立てなどをしていました。経営の方は母と現場を取り仕切っていた工場長が先導していたのですが、私が30歳の時に工場長が亡くなり、今後を見据えた時にこのまま製造業だけをしていても先細りだという事もあり、母の強い希望で母が以前から大好きだった露布乃瑠 紗羅英慕をオープンする事にしたのです。

Q.露布乃瑠 紗羅英慕とはどのような喫茶店なのですか?

こだわりの珈琲

玉木社長:栃木県や茨城県など北関東を中心に12店舗を持つ喫茶店で、独特な外観や昔の純喫茶を思わせるようなインテリア、豊富なメニューが特徴で40年以上の歴史があります。
母は私の姉が茨城県に嫁いだ際に露布乃瑠 紗羅英慕を知りファンになりました。
オープンから15年経ち、3店舗まで展開する事ができ、7年前には社長に就任しました。現在は各店を回りながら、縮小して続けている製造業の方も管理しているので目の回るような日々です。

Q.露布乃瑠 紗羅英慕の名前の由来について教えてください。

玉木社長:露布乃瑠は、中国で伝わる「ロブノオル湖」という幻の湖の名前からきているそうです。ロブノオル湖は移動する湖で、露布乃瑠 紗羅英慕も車で走っていると同じような建物が出てくるような幻の存在としてどの店舗もみんな同じような外観で統一されています。
紗羅英慕は中国語でお寺や寺院という意味で、神聖なる場所であり、誰でも気兼ねなく立ち寄れる場所にしたいという思いで付けられたそうです。

ユニフォームについて

ベスト

Q.ユニフォームネットの取引経緯を教えてください。

玉木社長:私が入社する前から製造業のユニフォームをユニフォームネットさんにはお世話になっていて、私より母の方がユニフォームネットさんの事は詳しいのですが、Facebookで偶然に荒川社長の事を知り私のベストをお願いする事になりました。

Q.ユニフォームでこだわったポイントを教えてください。

調理の様子

玉木社長:スタッフのユニフォームは露布乃瑠 紗羅英慕で全店共通のものを使用しているのですが、私はお店の方も製造業の方も出入りしますし、事務作業も多いのでスタッフとは別のものを自分で選んで着用しています。
このベストはポケットが多く、ペンや名刺、仕事柄ソムリエナイフなどたくさん収納できるのでとても重宝しています。
私服になるのが珍しいくらいいつでもこの格好です。

Q.弊社の営業担当者の対応はいかがでしたか?

玉木社長:何人か担当の方が変わりましたが、みんな低姿勢で感じのいい人ばかりです。

Q.今後の展望について教えてください。

メニュー

玉木社長:飲食店の経営は厳しい時代なので、今度はあえて製造業の方にテコ入れをしようかと考えています。
また製造業ではないにしても、常に新しい事に挑戦していかないと生き残ってはいけないと考えているので、多くの社長さんとお会いし刺激を受けて、自分を奮起させています。当社だからこそできる事を発信していきたいと思います。

Q.最後にユニフォームに求めるものを円グラフにしてください。

取材にご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

 

VOICE.117 株式会社たまき産業 様 企業情報

会社名 株式会社たまき産業 / 露布乃瑠 紗羅英慕(ロブノオル サラエボ)
所在地 福島県郡山市
設立 1981年(昭和56年)
資本金 -
従業員数 100名
事業所 -
事業内容 ◇製造業
◇喫茶事業
  露布乃瑠 紗羅英慕(ロブノオル サラエボ)
  ・郡山店  
  ・郡山南店 
  ・福島店
  営業時間 10:00~23:30 (LO. 22:30)
ホームページ http://www.rovnor.co.jp/