MENU

VOICE.59 介護老人保健施設 ケアタウンひまわり様

お客様へのインタビュー、導入成功事例のご紹介。

定員100名のすべてが全室個室という介護老人保健施設のケアタウンひまわり様の3年ぶりのユニフォームモデルチェンジについてお伺いしました。

ケアタウンひまわり様について

Q.御社の事業について教えてください。

外観

菅野さん:当施設は、1997年(平成9年)に設立された社会福祉法人清樹会の二番目の施設として、2004年(平成16年)に開設された複合型の介護施設です。当グループはこの施設以外に、福島市、郡山市、鏡石に各1か所ずつあります。

Q.御社のサービスの特徴はどんな所ですか?

菅野さん:当施設は、定員100名の介護老人保健施設で、全室個室であることが一番の特徴です。介護老人保健施設は、病院を退院したお年寄りが、自宅で生活するために必要なリハビリやトレーニングをする施設なので、部屋が個室であることにより、自宅と同じ様にベッドを配し、在宅復帰した時に困らない様にしています。そして、必ずパジャマから洋服に着替え、歯磨きをし、顔を洗ってご飯を食べるようにしています。これもトレーニングの一環です。また、当施設は介護士、看護師、管理栄養士、医師、ケアマネージャー、清掃員、労務員、事務員などいろんな専門職の人がいる為、どのように利用者さんを支援していくのか、いろんな角度から考えられるのが特徴です。それを多職種協働と言います。

Q.以前のユニフォームでお困りの点はございましたか?

右胸の刺繍

菅野さん:以前支給していたパンツの素材がごわごわしていて現場から不評でした。

Q.モデルチェンジを検討したきっかけを教えてください。

菅野さん:前回のユニフォームが支給してから2~3年経っていたので、思い切ってモデルチェンジをしてみようかと思いました。

Q.商品選定はどのような流れで行われましたか?

菅野さん:元々職種ごとに決まっていたユニフォームを、今回はポロシャツで統一し、色を個人で好きに選べるようにしました。しかし、検討の段階で、現場の意見が分かれ、「利用者さんやご家族が看護師や介護士どうやって見分けるのか」などの声がありました。そんな中、施設長から「着用しているうちに、個性が出てくるし、利用者さんは時間が経てばこの色を着ているのは誰だと解るようになるので問題は無いよ」と言われ、ポロシャツでの統一が決まりました。

Q.ユニフォームネットとの取引経緯は?

仕事風景①

菅野さん:営業の方が定期的に通ってくれていて良い印象を持っていた中、変えようと思った時に顔を出してくれたのがきっかけです。前の業者さんは、定期的に来てくれるような会社さんではなかったので。

Q.購入する際に決め手になったのはどんな点ですか?

菅野さん:当初、予算もあったので、いろいろな業者さんに価格や対応を聞いてから頼もうと思っていましたが、御社の営業さんからの提案の中で商品とは別に”セット組”の提案があるのを見て、ユニフォームネットさんに頼むしかないと思いました。近くの施設で、支給の準備にとても苦労をした話や、間違って支給してしまった際の対応の話を聞いていたので、今回の選択制に不安を感じていました。しかし、ユニフォームネットさんの提案は、その不安が解消される為、魅力的で、業者選定の決め手になりました。

Q.ユニフォームをモデルチェンジして良かった点はどこですか?

仕事風景②

菅野さん:職員が自由に自分で選べ、その日の気分で着る色を変える事が出来て楽しいですし、とても動きやすいです。特にリハビリ課は、ケーシー(白衣)を着ていたので動きにくかったのに対し、今回のポロシャツとジャージは遥かに動きやすいそうです。また、カラフルになった事で利用者さんからも好評で、施設が明るくなったと言われます。

Q.これからの展望をお聞かせください。

菅野さん:この施設は、地域の方々が集まってマシントレーニングをしたり、おしゃべりをしに来たり、お茶を飲んでいったり、コミュニティーの場として使って頂いています。そういったコミュニティーを通して、一緒に働く職員に繋がったり、ご利用者様に繋がったりするので、周辺の地域の方との繋がりを大切にしていきたいと思います。

Q.最後にユニフォームに求めるものを円グラフにしてください。

 

取材にご協力いただき、誠にありがとうございました。

 

VOICE.59 介護老人保健施設 ケアタウンひまわり様 企業情報

会社名 介護老人保健施設 ケアタウンひまわり
所在地 福島県福島市
設立 2004年8月
資本金 -
従業員数 85名
事業所 -
事業内容 ・介護老人保健施設 定員100名
・通所リハビリエーション 定員30名
・ケアタウンひまわり指定居住介護支援センター
ホームページ http://www.seijukai.org/caretown/