苦労した分だけ、大きな喜びに。
そしてそれが自分の糧となる

2009年入社 所長

福島営業所勤務

Q. 入社したきっかけを教えてください。

 前職は広告代理店での営業をしていました。約6年間在籍していたのですが、リーマンショックの影響をもろに受け、前職の会社は経営危機に陥ってしまいました。そうした中で、6年間で培った営業力を次の仕事でも活かしたいと思い、就職活動をしていました。
 そこで当社の求人を見つけ、「ユニフォームの営業」というものに興味を持ちました。元々ファッション等にも興味があったという理由もあるのですが、ユニフォームは生活していくための基礎となる<衣・食・住>に当てはまる商材であり、企業の顔ともなる商材を扱う仕事に、興味を持ったのがきっかけです。

Q. 仕事をしていく上で、心掛けている事、
大切にしている事を教えてください。

 私は、皆が気持ちよく働けて、個々の能力を最大限発揮できる職場づくりを心がけています。
部下と接する際は、話をしっかり聞き、褒めるときは褒め、叱るときは叱り、その後の適切なフォローによって、強固な信頼関係を築くことができると思っているので、そこは常に意識しています。 
 また、お客様に対して心掛けていることは、レスポンス良く対応をする事です。迅速に対応する事で、お客様との信頼関係を築けたり、クレームの防止にも繋がります。なので、お客様に対するレスポンスは常に迅速に、そして的確に、対応できるよう心掛けています。

Q. 印象に残っている商談(成功事例)を
教えてください。

 福島県内でも有数の大手工場に作業服を導入できた商談です。
 地元のライバル会社が長年納入していて、当社の歴代社員も幾度となくアプローチしていた企業でした。きっかけとなったのは、周年記念の一環として、作業服をモデルチェンジすることを知ったことです。オリジナルのデザインで検討する事になり、当社の営業部長やメーカー担当者にも同行してもらい、まさに会社を挙げての商談となりました。商談では大々的にプレゼンもしましたし、何度も足を運び、打ち合わせを重ねました。その結果、当社が提案したデザインにて採用いただく事ができました。
 規模が大きい工場の為、何百という社員の方が、当社が納入したオリジナル作業服を着用する事となり、実際に着用している光景を目の当たりにした際に、とても誇らしく思えました。規模大きな商談ほど手間や苦労がありますが、成約ができた時の喜びは、計り知れません。この商談の経験は、その後の営業活動にも良い影響を与えてくれ、私にとって大きな糧となりました。

TIME SCHEDULE

8:30朝礼
9:00受注入力 営業準備
9:30営業出発
10:00営業訪問 新規訪問・商談など
12:00昼休み
13:00営業活動 新規訪問・商談など
17:00日報入力
17:30受注入力 見積作成 提案書品の選定
18:00翌日の行動予定の作成
18:30退社

\ とっておきの一枚 /

趣味の野球観戦時の一枚です。ホームランボールを初GETしました!
趣味の野球観戦時の一枚です。ホームランボールを初GETしました!

\ 一言メッセージ /