文化から新しい
価値を生み出す

AIZUGATA
graphics

福島県生まれの会社が発信する
会津の隠れた魅力、「会津型」

福島県ならびに喜多方市の有形民俗文化財である染型紙「会津型」。
東北の服飾文化に寄与してきたという会津型が辿った歴史や、デジタルアーカイブ化された膨大な数の紋柄を用途に応じて使用できるという事実はあまり知られていません。

会津型の魅力を全国に発信し、文化の継承や町おこしにも繋げたい。そんな思いから2018 年に始動したプロジェクトが「 AIZUGATA graphics 」です。

プロジェクトを手掛ける私たち株式会社ユニフォームネットは、企業用ユニフォームの企画・販売を行う会社で、繊維業とは切っても切れない縁を持っています。更に、創業の地は福島県。

私たちを育ててくれた福島への地域貢献を目指して。これまでの知見と地の利を活かし、 AIZUGATA graphics だからこそできる新たな取り組みに挑戦し続けています。

  1. 地元との連携
  2. 企画力
  3. ノウハウ

三つを掛け合わせることで、AIZUGATA graphics を推進しています。

東北の服飾文化繁栄に寄与した、喜多方の染型紙「会津型」

江戸時代から着物の柄を染めるために使われてきた染型紙。多くは伊勢や京都、江戸で作られていましたが、福島県の喜多方も一大産地の一つとして栄えました。
そんな喜多方の染型紙「会津型」がどのような歩みを経てきたのか、ご紹介します。

AIZUGATA graphics の取り組み

喜多方市教育委員会や福島県内の学校法人、施設等とも連携しながら、主に三つの事業を展開しています。

メディア掲載

雑誌・広報誌

  • 喜多方市「広報きたかた7 月号」
  • 公益財団法人福島県観光物産交流協会「ふくしま ほんものの旅 2020 秋冬号」
  • 公益財団法人まちみらい千代田「まちみらいニュース」

テレビ・ラジオ

  • 福島テレビ「テレポートプラス」
  • 喜多方シティFM「街角生中継」

新聞

  • 福島民報新聞
  • 福島民友新聞

その他多数。取材をご希望の方はお問合せページよりご連絡ください。