HACCP対応!食品工場用白衣をご紹介

HACCP対応食品工場用白衣~ユニフォームで食の安全を守る~

食品を扱う全ての事業者に対してHACCPによる衛生管理が義務化されるなど、高い水準での「食の安全」が求められる時代。

食への安全志向が高まる時代において、食品工場では清潔で衛生的な環境づくりが重要視されています。

世界的に食の安全性が重視される中で、日本でも20186月に「食品衛生法」の改正法案が可決。

食中毒や異物混入・表示偽装など、様々な危険から食の安全を守るため、国際規模で食のマネジメントシステムの基準「HACCP」が設けられるようになりました。

 

ユニフォームネットでは、異物混入リスクを低減する食品工場白衣を多数取り扱っております。

食の安全志向が高まる時代に最適な工場用白衣選びをサポートさせていただきます。

2021年に完全義務化
HACCPとは?

HACCPとは、Hazard(危害)・Analysis(分析)・Critical(重要)・Control(管理)・Point(点)の頭文字をとった言葉で、食品の安全性を確保する「食品衛生管理システム」のこと。原材料の入荷・受入から製造工程、最終製品までの各工程で予測される危害(微生物による汚染や異物の混入など)を予測。その結果に基づいて特に重要な工程を監視・記録することで「食」の安全性を確保することができる衛生管理手法です。

これまでは、食品工場内での衛生管理検査は「ふき取り検査」が主流とされていましたが、より効果的に安全性の高い製品を出荷するため、HACCPが新たに導入。

2021年6月には中小企業を含む全ての食品事業者を対象に、HACCPによる衛生管理が義務化されました。

食の安全をユニフォームでサポート!

清潔で衛生的な食品工場をつくる際には手洗いなどを徹底し作業員の身体をキレイにすることはもちろん、工場内で身に着ける作業着も衛生管理を左右する重要なファクターとなります。

食品工場のHACCP導入に向け、ユニフォームがサポートできることは糸くずや毛髪などの異物混入を防ぐこと。

ほころびづらい縫製や着崩れしづらいデザイン・仕様などを取り入れたユニフォームをご提案させていただきます。

 

HACCPにおけるユニフォームの注意ポイント

ボタンが付いているもの(ファスナー・ホックは容認)は禁止

清潔に維持され、ほころび、裂け目、すり減った状態での着用は禁止

ウエストより上にポケットが付いているものは禁止

従来のユニフォームとHACCP対応ユニフォーム

ユニフォームのデザインは、異物混入のリスクをなるべく減らすデザインに変化。

おすすめカタログ

食品工場用白衣を取り扱うおすすめのカタログ

SERVO FOODFACTORY

「SERVO FOODFACTORY」がおすすめの理由

① 視認仕様で安全性を追求

色付きインナーで安心安全

清潔さを感じさせる真っ白な作業用白衣に、色付きの体毛落下防止インナーを装着。

自分でも周囲でも一目見ただけではみ出しが分かる仕様になっているので、異物混入リスクを減らすことができ、安全にユニフォームを着用することができます。

② 安全性だけではなく動きやすさも追及したユニフォーム

動きやすく、着る人のストレスを軽減させられるよう「動作感」と「着用感」にこだわった工場用白衣

動きやすく、着る人のストレスを軽減させられるよう「動作感」と「着用感」にこだわった工場用白衣を作成。着用時の実際の動作を分析し、約37%の動作負担減を実現。

工場白衣で快適さを実現させることができました。

③ 選べる帽子とフードで頭周りも安全・快適に

100品番を超える圧倒的な品揃えが魅力な帽子&フード

100品番を超える圧倒的な品揃えが魅力な帽子&フード。

求める安全性や作業内容に合わせて、さまざまなタイプから帽子を選ぶことができます。

毛髪落下を軽減し異物混入対策に、暑さ対策素材で作業効率アップ、肌触りよく作業中も快適に。

動きやすさと安全性に優れた食品工場用白衣で、皆様のお仕事をサポートいたします!

髪の毛や爪などの小さな異物が混入するだけでも大きな問題になってしまう食品工場では、安全性を考慮したユニフォームを導入することで、異物混入のリスクを減らすことができます。

ユニフォームネットでは、今回ご紹介させていただいたカタログの他にも、食品工場用白衣を掲載しているカタログのお取扱いがございます。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

事務服・作業服・介護などのユニフォームは、
是非、ユニフォームネットにお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-5207-3191

受付時間 平日 9:00〜17:00 (土・祝日は除く)

ページトップ
オンラインルーム