2022年おすすめのヒーターベストをご紹介!

2022年おすすめヒーターベスト

 

寒い冬を乗り越えるために、多くの企業で着用され始めているヒーターベスト(電熱ベスト)。

冬の定番アイテムになりつつあるヒーターベストは、今年もたくさんのメーカーから新商品として紹介されています。

 

今回は、冬の防寒ウエアとして定番になりつつあるヒーターベストの中から、おすすめの商品をご紹介いたします!

ヒーターベストとは

ウエアに取り付けられたバッテリーで電熱線を発熱させ、身体を直接暖めることができる防寒ウエア。

ヒーター(電熱線)の取り付け位置はメーカーによって異なり、ウエアの胸元やポケット内部にあるスイッチで暖かさの調節を行うことが可能です。

もともとはキャンプや釣りなどのアウトドアを行う際に着用されていましたが、近年では仕事用の作業服としても愛用され始めています。

ヒーターベストのメリット

“ 防寒服よりも薄手で軽量なのに、暖かい!! ”

ヒーターベスト(電熱ベスト)は、電熱線を発熱させることにより身体を暖める仕組みなので、防寒服のようなモコモコとした生地ではなくても暖かいのが特徴。

防寒服よりも薄手でスタイリッシュなデザインのヒーターベスト(電熱ベスト)は、着用者の起動性や作業性を邪魔することがないため、仕事中の防寒ウエアとしてもってこいのアイテムです。

冬場(寒い時期)の屋外作業や暖房の効きにくい倉庫内、オフィス内など場所を選ばずに着用することができます。

 

ヒーターベストのデメリット

ヒーターベスト(電熱ベスト)はバッテリーを使用する防寒ウエアのため、バッテリーの電源が切れてしまうと電熱線を暖めることが出来なくなってしまいます。

また、長時間の着用により気が付かないうちに低温やけどになってしまう危険性もあり、ヒーターベスト(電熱ベスト)を着用する際は、こまめに電源を切り替えるなど長時間使用し続けないための工夫が必要になります。

ヒーターベスト(電熱ベスト)の選び方

様々な種類があるヒーターベスト(電熱ベスト)ですが、選ぶ際のチェックポイントをご紹介します!

被服で選ぶ

ヒーターベスト(電熱ベスト)は、アウタータイプとインナータイプの2つに分けることができます。

ヒーター内蔵電熱ベストインナータイプ

・インナータイプ

スーツや作業着などの下にも着用することのできるインナータイプのヒーターベスト(電熱ベスト)。企業向けのアイテムとして特に人気があります。

インナータイプのヒーターベストは、ユニフォームの下に着こんでも着膨れしないスタイリッシュなデザインのため、作業時の機動性が失われることなく寒さ対策を行うことができます。

ヒーター内蔵電熱ベストアウタータイプ

・アウタータイプ

厚手の素材で作業着の上にアウターとして着用するタイプのヒーターベスト(電熱ベスト)。

モコモコとしたデザインで、首元がハイネック仕様になっているウエアが多いアウタータイプは、寒さ対策として人気です。

デザインが幅広く、ヒーターを作動していなくても防寒着として使用することが可能です。

暖かさで選ぶ

ヒーターベスト(電熱ベスト)には、着用時により暖かいと感じてもらえるように様々な工夫が施されています。

電熱線が取り付けられている位置はメーカーによって異なります。そのため、肩やお腹・首回りなど暖めたい位置に合わせてヒーターベストを選ぶことで暖かさをより実感することが可能です。さらに、快適な暖かさを望む場合には、「即暖効果」や「温度切り替えスイッチ」など機能面にも注目してヒーターベストを選ぶことをおすすめします。

 

※即暖効果:電源のスイッチを押してから約10-20秒でポカポカと暖かさを感じられるので、寒い日の屋外作業時でも体温を奪われることなく快適に作業を行えます。

※温度切り替えスイッチ:作業環境に合わせて、3-4段階でヒーターベストの温度を切り替えることが可能です。

安全性で選ぶ

ヒーターベスト(電熱ベスト)を選ぶ際に心配になるのが低温やけどなどのリスク。

自動調整機能が搭載されているものや、ウエアとバッテリーがセットになっているものを選ぶことをおすすめします。

※自動調整機能:低温やけどを防止するため、一定時間を過ぎると自動で温度を調節してくれる機能

 

注意 ヒーターベストを導入する際の注意点

昨年までは市販のモバイルバッテリーの購入を促すケースがありましたが、中には市販のバッテリーと発熱モジュールの相性が悪く、うまくヒーターが作動しないなどのトラブルが相次いでいました。

そのため、今年発売される新商品では衣服とバッテリーをセットで販売するメーカーが多くなっており、ヒーターベストを購入する際には安全性を優先し、バッテリーセットのものを購入いただくことを推奨しております。

2022年おすすめヒーターベスト

インナータイプ

▼ 40050 Wスイッチヒートインナーベスト <アタックベース>

シンプルで上品な印象を与えるデザインが特徴的なインタータイプのヒーターベスト(電熱ベスト)。着丈が短く、首元がVネック形状になっているため、スーツや作業着などの下に着用しても窮屈さを感じさせません。

アウタータイプ

▼ G-8049 ボルトヒートベスト <コーコス信岡>

アウトドア調のデザインが人気なアウタータイプのヒーターベスト(電熱ベスト)。防風性のある素材を使用しているので、屋外で長時間作業することが多い方におすすめです。仕事用としてだけではなく、プライベートでも使いやすいアイテム。

暖かさ

▼ 40000 Wスイッチヒートベスト <アタックベース>

電源を入れてから20秒ほどでぽかぽかになる即暖効果。ウエアの前面と背面、そして首元に搭載されている電熱線は、3段階での温度調整が可能。スイッチを押すだけで、35℃~最大50℃まで自由に温度を調整することができます。

安全性

▼ 167 ヒーター内蔵ベスト <ジーベック>

シンプルなデザインのため幅広い業種で着用されているヒーターベスト(電熱ベスト)背中部分に搭載されているヒーターは、発火や低温やけどを防止するための「タイミング機能」が働き、スイッチを入れてから約2時間で自動的に停止。安全に使用することができます。

ヒーターベストで寒い冬のお仕事も乗り越えよう!

本格的に始まる冬に向けて少しずつ準備を始める時期になってきました。

ユニフォームネットでは、ユニフォームソムリエの資格をもった社員がお客様の環境に合わせユニフォームのご提案を行っております。

ヒーターベストに関してのご質問・ご相談を無料で受け付けております。お気軽にお問合せください。


お問い合わせ

事務服・作業服・介護などのユニフォームは、
是非、ユニフォームネットにお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-5207-3191

受付時間 平日 9:00〜17:00 (土・祝日は除く)

ページトップ
オンラインルーム