MENU

VOICE.78 株式会社ノースブル様

お客様へのインタビュー、導入成功事例のご紹介。

牛の受精卵の生産・移植・技術開発を行う株式会社ノースブル様。生き物を相手とする仕事で、ユニフォームはどのような役割を求められるのか、お話をお伺いしました。

株式会社ノースブル様について

Q.御社の事業について教えてください。

受精卵を体内に戻し着床させる様子

菅原社長:当社は牛の受精卵の生産・移植・技術開発を行っている会社で、私たちのお客様は宮城県内の畜産農家さんです。主に牛の繁殖は人工授精で行われる為、畜産農家さんはその処置を獣医師をはじめとする専門的な資格を持つ技術者に依頼しています。
手順としては、ホルモン剤を投与し、生体内(親牛)で多くの受精卵を生産します。受精卵は多い時で約50個ほどでき、取り出した受精卵を細かなフィルターで濾し、顕微鏡を用いて採取します。
通常、牛は一度の出産で一頭しか産む事ができのでないので、1個の受精卵を体内に戻し、残りの受精卵を当社で買い取り、他の牛へ移植をする為に冷凍保存しています。
そして、保存している良質な黒毛和牛の受精卵を他の牛に移植する事で、安定した品質の牛肉を生産する事ができるのです。

Q.御社の強みを教えてください。

着床のための器具

菅原社長:この仕事は業務によってそれぞれ異なった資格が必要です。受精卵を採取するには獣医師の資格、受精卵を体内に戻すには移植師の資格が必要で、その他、体内受精や体外受精などの業務にも専門的な知識やスキルが必要となってきます。当社のスタッフは若いですが、それぞれが高い技術を身に付けており、さらにチームとして一丸となる事で、より良質な受精卵の生産や移植を効率的に行える事が強みとなっています。
起業してから3年で、宮城県内を中心に100件ほどの畜産農家さんと取引ができるまでになり、年間採卵で800頭、移植は3500頭行っています。さらに特徴として、会社とは別に私個人所有の黒毛和牛30頭を抱える牧場を併設する事で、最新の処置方法の実験や技術開発を行ったり、品質の良い受精卵を安定して供給ができる体制を実現しています。

Q.御社の成り立ちについて教えてください。

菅原社長:私の実家は宮城県で酪農家をしており、跡を継ぐため、北海道にある酪農学園大学に進学しました。しかし、大学在学中に家畜繁殖学研究室に所属し、その研究に夢中になってしまった結果、家業を弟に任せ、私は受精卵研究の道に進む事になりました。卒業後は、地方の牧場や
農林水産省関連の施設、繁殖管理を専門に行う企業などで移植師として働いてきました。その中で繁殖管理を専門に行う企業に勤めていた2012年、社内ベンチャーの形で受精卵の販売を目的とした会社”株式会社ノースブル”を起業しました。社名の由来は、大学の教授の付き添いで訪れた冬のカナダで、凶暴なバッファローが身を寄せて寒さに耐える姿にたくましさを感じ、「ノース(北)+ブル(牡牛)」と名付けました。しかし、前職在籍中は稼働する事はなく、しばらく休眠状態でしたが、独立をした2015年から本格的に稼働する事になりました。

ユニフォームについて

Q.ユニフォームネットとの取引経緯は?

受精卵採取の様子

菅原社長:以前はパートさんの知り合いの店につなぎタイプのカッパをお願いしていました。私たちの仕事は生き物相手なので汚れやすく、さらに防疫という面で一日に何回も着替える為、背中や胸に入れたロゴマークのプリントが洗濯に耐えられず、すぐに剥がれてしまうという問題を抱えていました。そんな時、ユニフォームネット社長の荒川さんとビジネススクールで知り合ったのが縁で、相談させていただきました。

Q.新しいユニフォームについてはいかがですか?

菅原社長:ユニフォームネットさんでお願いしたものは、洗濯を繰り返してもロゴマークのプリントが剥がれにくく、さらに価格も以前の店より手頃になったのでお願いして良かったです。

Q.今後の展望について教えてください。

顕微鏡で見た受精卵

菅原社長:当社を立ち上げた理由の一つに、技術者たちの待遇の悪さがあります。企業に所属するという概念が薄い職種のため、労働環境や教育の制度が不十分で、良い技術者を育む環境が確立されにくいという現状を変えたいと思い起業しました。
さらに、牛は生後1年で妊娠することができますが、人間と同じように体内で10か月育て一頭しか産む事ができない上に繁殖期間は10~15年と決して生産性の高い動物ではありません。
そうなると、良い技術者の有無は畜産農家さんにとって利益を大きく左右する事になります。畜産農家さんが恵まれないと私たちも恵まれない事から、技術者が安心して働けるよう、福利厚生や評価制度などもしっかりと整備し、みんなで長く続けていけるような会社を作っていきたいと思っています。

Q.最後にユニフォームに求めるものを円グラフにしてください。

取材にご協力頂き、誠にありがとうございました。

VOICE.78 株式会社ノースブル様 企業情報

会社名 株式会社ノースブル
所在地 宮城県仙台市
設立 2011年
資本金 -
従業員数 7名
事業所 -
事業内容 牛受精卵の生産・移植・技術開発
ホームページ https://www.northbull.jp/