MENU

VOICE.104 ネッツトヨタ福島株式会社様

お客様へのインタビュー、導入成功事例のご紹介。

自動車の販売や整備を行っているネッツトヨタ福島株式会社様。制服を自社管理からレンタルに変更されてみてのご感想をお伺いしました。

ネッツトヨタ福島株式会社様について

Q.御社について教えてください。

外観

工藤さん:当社は、1968年(昭和43年)にトヨタオート福島株式会社として営業を開始しました。
その後、現在の社名に変更し、トヨタ・ダイハツの新車販売の他、U-Car(中古車)や自動車の整備、部品・用品の販売、各種保険など車に関わる業務を、福島県内10拠点で行っています。
トヨタ自動車の新車は、レクサス、トヨタ、トヨペット、カローラ、ネッツの5種類のディーラーが販売しており、それぞれ取り扱い車種が異なります。
ネッツ店では、小型車を中心に扱っており、ヴィッツやヴォクシー、ヴェルファイアなどを販売しています。

Q.担当の業務について教えてください。

仕事風景

菊地さん:私は営業本部の所属で、U-Carを担当しています。当社は新車だけでなく多くの中古車も取り揃えているので、各店舗から届いた書類などを取りまとめ処理しています。

荒木さん:私も営業本部の所属で、整備士の仕事のサポートを担当しています。車は日頃の整備が大切です。定期点検のお得なパックであるメンテナンスパック契約関係の処理や整備士が使用する備品や保証部品の発注などを行います。

工藤さん:私は管理本部で給与関係やマイナンバーの管理などをしています。直接車両に関係のある仕事ではありませんが、社員数が160名を超えるので、忙しい中にもやりがいをもって仕事をしています。

ユニフォームについて

Q.ユニフォームネットとの取引経緯を教えてください。

整備の様子

菊地さん:ユニフォームネットさんがユニゼックス関東と呼ばれていたころに、制服の種類の豊富さからお取引を始めました。最近では、本社の移転を機に、新たな制服に変わりました。

Q.事務服のレンタルを採用した経緯を教えてください。

工藤さん:これまでは、既製品やオーダーメイドの制服を買い取って運用していました。自社管理の場合、退社の都度、特定のサイズ、種類ごとに在庫を持つことになり、増員の時に在庫が無ければ一時的な費用の社内決裁もありました。
レンタルに変わったことで、注文、返却はもちろん、サイズ変更、消耗による交換にも柔軟に対応いただくことができるので、管理はとても楽になりました。
また、余剰在庫もなくなり保管スペースが必要なくなり、毎月の支払額に大きな変動がなくなり予算管理がしやすくなりました。

Q.商品の選定はどのように行われましたか?

イベントの様子

荒木さん:本部、店舗のスタッフにカタログを回覧し、着たいと思う制服の希望をとり、女性社員の好みで決めました。
その中で、パンツとスカートが選べる方がいいのではないかという話になり、レンタルなら対応しやすいのではないかとのご提案を頂き、シリーズ内のパンツとスカートを選択できる方式をとりました。
結果、個人の好みや寒冷地など地域の要素に合わせて、各自判断することができ満足しています。

Q.最後に一言お願いします。

工藤さん:当社では5年程前からCS(顧客満足)・ES(従業員満足)の活動に力を入れています。
また今年(2018年)は設立50周年の記念の年でイベントを企画中です。
お客様と社員、すべての人に車を通して当社のファンになって頂けるよう頑張っていきたいと思います。

Q.最後にユニフォームに求めるものを円グラフにしてください。

取材にご協力頂き、誠にありがとうございました。

VOICE.104 ネッツトヨタ福島株式会社様 企業情報

会社名 ネッツトヨタ福島株式会社
所在地 福島県福島市
設立 1968年(昭和43年)4月
資本金 6,500万円
従業員数 164名
事業所 -
事業内容 ・トヨタ車の販売
・ダイハツ車の販売
・U-Car(中古車)の販売
・自動車の整備 他
ホームページ http://netzfukushima.com/