【運送・運輸企業様向け】ユニフォームの選び方

運輸・運送業向けユニフォームの選び方

新型コロナウイルスなどの影響でネット通販が広く普及し、運送・運輸業界は右肩上がりで成長しています。

 

今後も成長を続けていくと期待されている運送業界で、大きな課題となっているのがドライバー不足。

そんな課題を解決するためのポイントとなるのが、皆さんが普段着用しているユニフォームです。

 

今回は、運送・運輸業界“唯一の”専門カタログである「TRANSPORTER(トランスポーター)」をご紹介いたします。

企業独自のこだわりをユニフォームに取り入れることで、従業員が企業に対して誇りをもって働くことができます。

人手不足の解消にもつながる!?
ユニフォームの役割とは

 

運送業界の課題である“人手不足を解消する”ための方法のひとつとして、普段着用しているユニフォームが役に立つことをご存知でしょうか。

 

「汚れが目立たないこと」「コストが安いこと」が求められていた従来のユニフォーム。

デザインやカラーなどの細かい部分に気を配る企業が少なく、トラックを降りてしまうとどこの運送会社の従業員か判別できないほど、多くの運送会社が同じようなデザインのユニフォームを着用していました。

 

これまでの運輸・運送業のユニフォーム

ユニフォームは多くの人にとって、一日のうちの最も長い時間着用する衣服です。

 

運送・運輸業界“唯一の”専門カタログである「TRANSPORTER(トランスポーター)」は、専門誌ならではのこだわりが詰まった機能性と、華やかでオリジナル性の高いデザインで注目を集めることが多いユニフォームカタログ。

 

「働くときに着る服」という従来のユニフォームの定義を超え、こだわりのあるユニフォームを着ることで、人は仕事にやりがいを感じ、誇りをもって仕事に取り組めるようになります。

運送・運輸のユニフォームは専門カタログから選ぶのがおすすめ

運輸・運送業界に特化したユニフォームを取り扱う“唯一の”専門カタログ!
働く人の最大限のパフォーマンスを引き出す動きやすさ・過酷な環境での仕事をサポートする安全性・接客時に好印象をもたらすデザイン性など、運送業界で働く全ての人達をユニフォームでサポート。

専門ユニフォームと普通のユニフォームの違いを比較

▼一般的なユニフォーム

一般的なユニフォーム

建設業や製造業などでも着用する作業着をユニフォームにした場合、作業員の身体の安全を守るために丈夫に作られている分、生地が固かったり重かったりとドライバーにとっては負担になってしまうことも・・

デザインも似たようなものばかりで、どこの運送会社か区別がつかないなどの問題が発生してしまうなんてことも生じてしまいます。

▼「TRANSPORTER」に掲載されている専門ユニフォーム

01.安心の収納力

02.シンプルでスタイリッシュなデザイン

03.動きやすさを追求した設計

01.安心の収納力

両胸や両腰、袖のペン差しなど複数のポケットを搭載。

小物だけでなく、大きめのメモ帳やグローブを収納することも考え大きめに作られています。

 

02.シンプルでスタイリッシュなデザイン

現場での作業はもちろん、オフィスでの作業や取引先への訪問などあらゆるシーンに溶け込めるシンプルでスタイリッシュなデザイン。

ファスナーなどで荷物を傷つけることがないように前立ての比翼がファスナーを覆い隠す仕様。

 

03.動きやすさを追求した設計

どんな瞬間でもストレスフリーにユニフォームを着用できることを重視。

腕の上げ下げを妨げない立体裁断やかがんだ際の締め付け感を軽減するサイドスリットなど運転中や荷物を抱える動きによるツッパリ感や疲労感を軽減します。

TRANSPORTERに掲載されているアイテム例

運送業の業務内容を理解しているカタログだからこそ提案できる、利便性の高いユニフォームを多数掲載しています。

――――『こだわりのユニフォームで誇りと自覚を提供。』

 

皆さんが普段着用している企業ユニフォームは、従業員の安全を守るためだけではなく、企業イメージをつくるためにも重要な役割を果たしています。

 

ユニフォームネットでは、企業のイメージに合わせたユニフォームを選ぶ際のお手伝いをさせていただいております。

 

ユニフォームのモデルチェンジを検討する際にはぜひご相談ください。

お問い合わせ

事務服・作業服・介護などのユニフォームは、
是非、ユニフォームネットにお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-5207-3191

受付時間 平日 9:00〜17:00 (土・祝日は除く)

ページトップ
オンラインルーム